西武・辻新監督 17日にもユニホーム姿披露 ナゴヤ球場で荷物整理

[ 2016年10月9日 05:30 ]

ナゴヤ球場の室内で談笑する中日の森監督(右)と今季までコーチを務めた西武の辻新監督(左)
Photo By スポニチ

 西武・辻新監督が17日にもユニホーム姿をお披露目する。今季まで作戦兼守備コーチを務めていた中日が練習を行っているナゴヤ球場を訪問。

 荷物整理の傍ら、中日・森新監督とも談笑し「頑張れよ」と激励された指揮官は今後について「17日くらいからユニホームを着ると思う」と明かした。11日には西武の練習を視察。その際に、11月上旬からの秋季キャンプの人選などをコーチ陣と話し合う。12~16日は宮崎でのフェニックス・リーグへ。帰京後、西武第2で行われている17日の練習から背番号85のユニホームに身を包む。

 中日にはコーチとして計8年間在籍し、95年以来の西武復帰。「今年は(堂上)直倫、福田が1軍で頑張ってくれたのがうれしかった」と話し、来季へ向け「(中日との交流戦は)勝ち越したいね」と誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース