慶大・加藤拓 127球力投もサヨナラ負け プロ8球団視察

[ 2016年10月9日 05:30 ]

東京六大学野球第5週第1日 ( 2016年10月8日    神宮 )

<慶大・法大>9回まで投げ抜くもサヨナラ負けにガックリの慶大・加藤拓(中央)
Photo By スポニチ

 ドラフト候補の153キロ右腕、慶大・加藤拓が8回2/3を5失点。13奪三振で127球の力投もサヨナラ負けを喫した。

 8球団のスカウトが見守る中、4回まで無安打。だが、6回に2ランを被弾するなど4点リードを守れず「狙って三振を取れたところもあったけれど、負けたのが全て」と悔やんだ。大久保秀昭監督は「加藤は飛ばしていた。ちょっと残念な負け方。また明日ですね」と切り替えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース