宮台9回に同点許すも 東大 延長10回競り勝った 桐生V打

[ 2016年10月9日 05:30 ]

東京六大学野球第5週第1日 ( 2016年10月8日    神宮 )

<東大・立大>9回2死満塁、高橋信に押し出し四球を与え、三塁走者・佐藤竜(右)の同点となる生還を許した東大・宮台
Photo By スポニチ

 1回戦2試合が行われた。東大は延長10回の末、立大に4―3で競り勝って今季初勝利を挙げ、開幕からの連敗を6で止めた。左肩痛を抱えていた宮台康平投手(3年)が4番手で今季初登板し、1回1失点ながら通算4勝目をマークした。法大は慶大を5―4で下して先勝。柴田圭輝内野手(4年)が9回にサヨナラ打を放った。

 チームメートのおかげで、笑顔になれた。東大のエース左腕・宮台は「チームが勝ててよかったし、みんなのおかげ」と胸をなで下ろした。

 3―2の9回に今季初登板。しかし、最速150キロの直球は143キロ止まり。制球にも苦しんで、2死満塁から押し出し四球で同点とされた。1回1安打3四球1失点。38球を要して「反省が多い中での登板だった」と悔やんだ。それでも打線が延長10回に桐生の中前打で勝ち越し、自身に白星が転がり込んだ。

 7月の日米大学野球で日本代表入りしたが、今秋リーグ戦開幕前に左肩を痛めて出遅れた。慎重にリハビリを続け「まずは登板できてよかった。明日に向かう準備をしたい」と前を向いた。4季連続勝利を挙げたチームは02年秋の立大戦以来の勝ち点奪取を狙う。浜田一志監督は「宮台は30点くらいだけどみんなが一丸になった勝利」と選手をねぎらった。 (川島 毅洋)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース