ソフトB柳田 大歓声もチャンスに三振「テンパってしまった」

[ 2016年10月9日 05:30 ]

パ・リーグCSファーストS第1戦 ( 2016年10月8日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>初回1死三塁、空振り三振に倒れる柳田。投手・涌井
Photo By スポニチ

 右手薬指の骨折から復帰したソフトバンク・柳田は「勝ってよかったです」と安どの笑みを浮かべた。

 9月1日の西武戦(西武プリンス)以来の1軍戦で4打数無安打。初回から1死二塁の好機で打席に立つと、本拠地の大歓声に出迎えられた。ボークで走者が三進。「大チャンスや、とテンパってしまった」。空振り三振に倒れた。7回は力強く捉えた当たりが好守に阻まれ遊直に。快音こそ響かなかったが、不動の3番打者が打線に厚みをもたらした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース