井納 マウンドに文字書き力投 「決闘」そして三浦背番号「18」

[ 2016年10月9日 06:45 ]

セ・リーグCSファーストS第1戦 ( 2016年10月8日    東京D )

<巨・D>マウンドに文字を書き込む井納
Photo By スポニチ

 DeNA・井納が初戦先発の抜てきに応えた。7回で7安打されながらも2失点に抑え「自分の投球はできた。(硬くならなかったのは)宇宙人だから」と胸を張った。

 当初は石田が先発最有力候補だったが、3日の東京ガスとの練習試合などでアピールしてつかんだ大役。いつものようにマウンドの土に言葉を書いて集中力を高めた。初回は「決闘」、3回は「ガマン(我慢)」、6回は「低め」、そして7回は再び「決闘」と書き、その横に引退する三浦の背番号「18」も添えた。

 CS初勝利に「三浦さんが引退した。日本一になってもう一度、胴上げしたい」と笑顔で話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース