田口 力投7回1失点 初CSに緊張も「思い切り楽しんでやろうと」

[ 2016年10月9日 17:31 ]

セ・リーグCSファーストS第2戦 ( 2016年10月9日    東京D )

<巨・D>6回を投げ切りガッツポーズする田口
Photo By スポニチ

 負けたら敗退となる一戦で、巨人投手陣最年少の田口が崖っぷちのチームに力を与えた。初となるCSの舞台で7回4安打1失点。「不安な日々を過ごした」と大役を任され緊張していたことを明かしたが、それでも「思いきっり楽しんでやろうと。いい心境で迎えられました」と表情を崩した。

 序盤はピンチの連続。楽しむよりは「打者に向かっていく気持ちが勝った」と打ち明けた。第1戦で決勝の逆転2ランを放った打撃2冠の筒香に対しても「強い気持ちで立ち向かえた」。得意のスライダーで安打を許さず「空振り、ファウルが取れたのでよかったです」と胸を張った。

 ファイナルS進出を懸けて10日の第3戦へ。「まだシーズンを終わらせないぞという気持ちで臨んでいる」とチームを代弁した田口。日本一を望むファンへ「勝ってファイナル進みます」と高らかに誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース