創価大・正義 制球難で5回3失点 プロ11球団視察

[ 2016年10月9日 05:30 ]

東京新大学野球 ( 2016年10月8日    さいたま市川通公園 )

<創価大・杏林大>4回2死三塁、杏林大・小池の打席で暴投し3点目を許した創価大・田中は渋い表情
Photo By スポニチ

 ドラフト1位候補の156キロ右腕、創価大・田中が、プロ志望届提出後初の先発も5回6安打3失点。

 打線が終盤に逆転して2年ぶりの黒星は逃れたが11球団のスカウトが視察する中、制球に苦しんで「いろいろな要因があった。明日しっかり修正したい」と切り替えた。岸雅司監督は「気持ちが乗っていなかったのかな。おとといブルペンでは今年一番の球を投げていた」と故障などが原因でないことを強調した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース