清田 PO初の2戦連続先頭打者弾「絶対に初球を振ろうと思っていた」

[ 2016年10月9日 17:57 ]

パ・リーグCSファーストS第2戦 ( 2016年10月9日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>1回表、2試合連続の先頭打者本塁打を放つ清田
Photo By スポニチ

 ロッテの清田が初回にバンデンハークの初球を捉え、2試合連続で初回先頭打者本塁打を放った。8日の第1戦は1球目を見逃しており「ストレートに絞って、絶対に初球を振ろうと思っていた」と狙い通りに強振した。

 パ・リーグが前後期制で行われていた1973年から82年までのプレーオフなどを含めても、ポストシーズンに初回先頭打者本塁打を2度記録するのは初めて。初球となると2005年の栗山(西武)、14年の駿太(オリックス)以来、3人目。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース