広島・野村 CSファイナルS「行ける」 6日打球直撃も問題なし

[ 2016年10月9日 08:22 ]

笑顔でキャッチボールをする野村
Photo By スポニチ

 広島・野村のCSファイナルS先発へゴーサインが出た。6日のJR西日本との練習試合(マツダ)で首の右側に打球を直接受けて降板。この日から練習を再開し、状態を見届けた緒方監督と畝投手コーチは「問題ない」と口をそろえた。

 練習では遠投から強めのキャッチボールまで普段通りにこなした。「見ての通りしっかり投げられた。痛みはあるけど投げることに問題はない。いつ行けと言われても行ける」と野村。9月24日のレギュラーシーズン最終登板から実戦感覚を埋める貴重なマウンドはわずか8球で終わったが、「何カ月とか休んだわけじゃない」と言った。

 先発予定は13日の第2戦。登板する日は最終的には今後のブルペン投球で状態を見ながら判断されるが、リーグ最多勝右腕がひとまず“間に合った”ことは大きい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース