ロッテ CS2戦での「カンパイガールズ」売り上げは851杯

[ 2016年10月9日 22:14 ]

 ロッテは9日、QVCマリンで行われたCSファーストSのソフトバンク戦のパブリックビューイングにおいて、球界初の売り子アイドル「マリーンズカンパイガールズ」の6人合計ビール売り上げが851杯だったと発表した。

 CS期間中に5試合で400杯をクリアすると単独ライブ開催という企画にチャレンジ中で、2日連続の達成となったが、チームが敗退したため自動的に企画は終了となった。

 マリーンズカンパイガールズのリーダー・今井さやかは「辛く悔しい結果となってしまいましたが、たくさんの方がカンパイチャレンジを知って応援してくださり、とても嬉しかったです。ありがとうございました。そして今シーズン、沢山の方にマリーンズ カンパイガールズを見守っていただきましたことを感謝します。ありがとうございました」とコメント。なお、観衆は4505人だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース