ソフトB千賀 大役全う 初CS初開幕初回2被弾も崩れず7回12K

[ 2016年10月9日 05:30 ]

パ・リーグCSファーストS第1戦 ( 2016年10月8日    ヤフオクD )

<ソ・ロ>先発の千賀は12奪三振の力投を見せる
Photo By スポニチ

 気力を振り絞った。111球目。ソフトバンク・千賀は中村から147キロ直球で見逃し三振を奪った。力強くグラブを叩く。先発全員の12奪三振で7回2失点。初のCS先発、それも初戦の大役を全うした。

 「チームが勝ってくれたことにホッとしています」。2発のハードパンチを浴びながら、立て直した。初回先頭の清田に2球目を左中間テラス席に運ばれ、2死からはデスパイネの右越えソロを被弾。それでも「いい球がいっているから大丈夫」と自分を信じた。2回以降はゼロを連ねた。

 レギュラーシーズン最終登板の9月27日ロッテ戦で8回に連続押し出し四球を与えて追いつかれ、最高勝率タイトルの資格が懸かる13勝目を逃した。獲ったのは同僚・和田。「悪いな。もらっちゃったよ」と声を掛けられると「賞金でご飯ごちそうになろうと思っています」と返した。前向きな右腕が、チームを日本一への軌道に乗せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース