日本ハム 栗山監督 ソフト戦に向け「がむしゃらに体当たり」 

[ 2016年10月9日 18:18 ]

 日本ハムの栗山監督はクライマックスシリーズのファイナルステージでソフトバンクとの対戦が決まったことを受け「開幕前は誰が見てもホークスが強いと思っていた。泥だらけになって、がむしゃらに体当たりしていく」と意気込みを口にした。

 4年ぶりのリーグ優勝を果たしたレギュラーシーズン終了後、本拠地の札幌ドームで調整を進めている。ファイナルステージに向けた最後の紅白戦を終え「疲れを取りながら試合に向けた準備をしてもらった。思い切りプレッシャーを感じて結果を出す」と力強く語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年10月9日のニュース