登板機会少なく…田沢 巻き返す「残りをしっかりやりたい」

[ 2016年9月30日 05:30 ]

<ヤンキース・レッドソックス>3年ぶりの地区優勝を決め、田沢(右)からシャンパンをかけられるレッドソックス・上原
Photo By スポニチ

ア・リーグ レッドソックス3―5ヤンキース

(9月28日 ニューヨーク)
 登板機会がなかったレッドソックスの田沢は「負けてしまったけど、結果的にシャンパンファイトができてよかった」と喜んだ。

 今季は日本投手3人目の4年連続50試合登板を達成したが、8月は防御率9・64と安定感を欠いた。9月は4試合連続無失点だが、18日を最後に登板機会がない。13年は上原とともに世界一に貢献した30歳右腕は「後半は投げない日も多かったので貢献できなかったことは悔しいけど、残りのシーズンをしっかりやりたい」と巻き返しを誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月30日のニュース