川崎はPOも同行へ マドン監督「どんなときでもいてほしい選手」

[ 2016年9月30日 12:04 ]

ナ・リーグ カブス1―1パイレーツ

(9月29日 ピッツバーグ)
 カブスの川崎は、プレーオフのベンチ入りメンバーに選ばれなくても、故障者などが出たときの控え要員としてチームに同行することになりそうだ。地元メディアはベンチ入りの可能性は低いと報じている。

 マドン監督はこの日、明言を避けたものの「川崎はどんなときでもチームにいてほしい選手であり、最高のチームメート」と帯同させることを示唆した。

 カブスは今季、101勝で両リーグを通じての最多勝利を確定させている。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月30日のニュース