青木2試合連続マルチ マリナーズ、PO進出へ望みつなぐ

[ 2016年9月30日 14:52 ]

アスレチックス戦の3回、左前打を放つマリナーズ・青木(AP)

ア・リーグ マリナーズ3―2アスレチックス

(9月29日 シアトル)
 マリナーズの青木宣親外野手(34)が29日(日本時間30日)、アスレチックス戦に「1番・左翼」で出場。4打数2安打と、2試合連続のマルチ安打をマークした。7回終了後に交代。チームは3―2で勝って2連勝とし、プレーオフ進出へ望みをつないだ。

 青木は初回はスリーバント失敗の三振に終わったが、0―0の3回2死では左前打をマーク。5回は中飛、2―1と勝ち越した7回無死一塁では投前バント安打でつなぎ、好機を広げた。

 ▼青木の話 みんな言わなくても分かっているので、気持ちが自然と試合に入っていける。(左前打は)とにかくセンター中心に打ち返そうと思っていた。(バント安打は)方向は決めていた。今年はああいうのがなかったから良かった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月30日のニュース