青木 マルチで大勝 出場13戦ぶり左投手とも対戦「思い出す感じ」

[ 2016年9月30日 05:30 ]

<アストロズ・マリナーズ>2回に中前適時打を放つマリナーズ・青木

ア・リーグ マリナーズ12―4アストロズ

(9月28日 ヒューストン)
 マリナーズの青木が2安打2得点で大勝に貢献した。初回に右腕フィスターから投手強襲の内野安打を放ち、2回1死一、三塁では中継ぎの左腕チャプマンから中前適時打を放った。

 最近は左投手を迎えると代打を送られる場面が多く、左腕相手の打席は出場13試合ぶり。「ボールを1球ずつ見ながら思い出す感じ」と苦笑いした。メジャー最速投手と同姓のチャプマンとは初対戦。しかし、事前にビデオで研究済みで「追加点が欲しい場面。スライダーを狙っていた」と納得の表情だった。 (小林由加通信員)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月30日のニュース