栗山監督、最終戦セレモニーでファンに宣言「必ず日本一になります!」

[ 2016年9月30日 20:51 ]

パ・リーグ 日本ハム3―1ロッテ

(9月30日 札幌D)
 日本ハムの栗山英樹監督(55)が北海道のファンに改めて日本一を誓った。

 レギュラーシーズン最終戦となったロッテ戦に3―1で勝利。試合後に行われたセレモニーであいさつに立つと、「ここにいる選手たちが頑張って、北海道が一番になりました」と4年ぶり7度目のリーグ優勝を報告。「ただ、これからです。4年前の忘れ物を皆で取りにいきます。必ず日本一になります!」と宣言した。

 そして、試合前に授与された優勝旗とペナントを持って札幌ドームの場内を全員で一周。ペナントを中心に臨んだ記念撮影では笑顔が並んだ。

 日本ハムは10月12日に始まるクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ(札幌D)に出場。同8日から2位・ソフトバンク、3位・ロッテが対戦するCSファーストステージの勝者と日本シリーズ出場を懸けて対戦する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月30日のニュース