内海 7回無失点の好投でCSへ弾み 2桁勝利ならず「残念」

[ 2016年9月30日 22:50 ]

<神・巨>9回、沢村の乱調によって勝ち星が消え、渋い表情の内海(右から3人目)

セ・リーグ 阪神2―1巨人

(9月30日 甲子園)
 巨人の内海が7回無失点と好投し、クライマックスシリーズに向けて弾みをつけた。現状では4番手で、勝ち上がればファイナルステージでの登板が濃厚。「投げる機会があれば、いい調整をして、粘り強く投げたい」と言った。

 フォームに躍動感があり、速球、変化球とも切れが良かった。沢村が逆転を許し、3年ぶりの2桁勝利は逃したが「残念だけど、自分の投球はできた」と前向きだった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月30日のニュース