東洋大 開幕5連勝 “二刀流”山田好救援「最初は緊張でガチガチ」

[ 2016年9月30日 05:30 ]

<専大・東洋大>好救援を見せた東洋大・山田

東都大学野球第4週第2日 東洋大2―0専大

(9月29日 神宮)
 2回戦2試合が行われた。東洋大は専大に2―0で競り勝ち、11年春以来となる開幕5連勝。勝ち点2を挙げた。今季初登板の山田知輝投手(1年)が好救援を見せた。亜大は中大を4―0で下して雪辱。嘉陽宗一郎投手(3年)が4安打完封勝利を挙げ、1勝1敗のタイとした。

 0―0の4回1死一、二塁。2番手でマウンドに上がった東洋大の1年生右腕・山田は、捕逸で二、三塁のピンチを背負ったが、全力で腕を振った。後続を見逃し三振、右飛に仕留めて「最初は緊張でガチガチだったけど、何とか点を取られなかったので良かった」と振り返った。1回2/3を無安打無失点。チームの開幕5連勝に貢献した。

 桐生第一(群馬)ではエースで4番。2年時のセンバツで8強入りした。高橋昭雄監督は「あの場面で放れるんだから大したもの。でも、打撃もいいから東都の二刀流でいこうかなと思っている」と、今後は打者としても起用するプランを温めている。大学入学後も打撃練習を続ける山田は「今は投げる方が好きだけど、バッターもやりたい気持ちはある」と乗り気だった。 (川島 毅洋)

 ▼専大・斎藤正直監督(5安打零敗に)全て経験なので。負けていますけど、広い目で見ていかないと。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月30日のニュース