WBSC会長 NPBに五輪競技復帰謝意「サポートしていただいた」

[ 2016年9月13日 05:30 ]

オーナー会議に出席するフラッカリWBSC会長(右)と熊崎コミッショナー

 世界野球ソフトボール連盟(WBSC)のリカルド・フラッカリ会長が、オーナー会議の冒頭に出席。20年東京五輪での野球・ソフトボールの競技復活について謝意を伝えた。

 「(NPBには)長い間サポートをしていただいた。報告と、改めてお礼を申し上げた」。今後についても「野球の国際化、グローバル化について協力を」と訴えた。東京五輪では、大リーグトップ選手の参加の有無が課題。同会長は「ポジティブな結果が得られるよう、引き続き議論を重ねていきたい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月13日のニュース