DeNA 中盤突き放し快勝、エリアン勝ち越し3ラン 筒香は40号

[ 2016年9月13日 21:25 ]

<ヤ・D>5回2死一、二塁、勝ち越しの右中間3ランを放つエリアン

セ・リーグ DeNA11―3ヤクルト

(9月13日 神宮)
 DeNAが中盤に突き放し、CS進出を争うヤクルトに快勝した。

 2―2で迎えた5回2死一、二塁からエリアンの4号3ランで勝ち越し、6回にはロペスが27号ソロ、7回には2死一、二塁から筒香の40号3ランで大量リードした。先発今永が7回2失点で7勝目を挙げた。

 ヤクルトはバレンティンの29号2ランで一度は追いついたが、先発小川が5回5失点と役割を果たせなかった。

 ▼DeNA・倉本(2回2死二塁から中前に先制適時打)正直、自分自身でもビックリしています。うまく(低めの変化球を)バットでひろうことができました。(先発の)今永のためにも先制点が取れて良かったです。

 ▼DeNA桑原(1点リードの3回1死から左翼席に貴重な追加点となる10号ソロ)打ったのはカーブです。感触は良かったですが、入るとは思わなかったです。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月13日のニュース