ヤンキース 連勝7で止まった 試合前には9・11追悼式典

[ 2016年9月13日 05:30 ]

ヤンキース―レイズ戦の試合前に追悼式典が行われる(AP)

ア・リーグ ヤンキース2―4レイズ

(9月11日 ニューヨーク)
 「9・11」として記憶される米中枢同時テロから15年がたち、ヤンキース―レイズ戦の試合前に追悼式典が行われた。

 試合はヤンキース打線が沈黙して2―4で敗れ、連勝は7で止まった。地区首位レッドソックスとは4ゲーム差、ワイルドカード2位のオリオールズとブルージェイズとは2ゲーム差となった。前日に13勝目を挙げた田中はノースローで調整。次回先発が見込まれる15日(日本時間16日)のレッドソックス戦に備えた。 (後藤 茂樹)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月13日のニュース