ロッテ 益田が右肘関節炎、抹消せず様子見る 今季59試合登板

[ 2016年9月13日 16:30 ]

 ロッテ・益田直也投手(26)が13日、右肘の張りを訴えて全体練習を休み、千葉市内の病院で検査を受け「右肘関節炎」と診断された。全治は未定で出場選手登録は抹消せずに様子を見る予定。

 今季は守護神・西野が右肘痛で離脱し、代役の抑えを任せされ、59試合で3勝2敗13セーブ21ホールドを挙げていた。 落合投手コーチは「いるメンバーでやるしかない。代わりは内になると思う」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月13日のニュース