オリドラ9赤間 ほろ苦初回4失点KO 地元東北でプロ初先発も

[ 2016年9月13日 05:30 ]

<楽・オ>初回1死満塁、島内に先制2点タイムリーを浴びる赤間

パ・リーグ オリックス2―11楽天

(9月12日 コボスタ宮城)
 初先発となったオリックス・ドラフト9位の赤間には、ほろ苦い“デビュー戦”となった。

 初回、1死満塁から島内に2点適時打を浴びるなど、1回4安打4失点。わずか42球でKOとなった。中継ぎで18試合に登板。安定感を買われて白羽の矢が立ったが、「全然駄目。無駄な四球もあったし、追い込んでから決め切れなかった。応援で来てくれた人もいっぱいいた。いいところを見せられなかった」と肩を落とした。福島県楢葉町出身で、同じ東北での初先発に注目も集まったが結果を残せなかった。チームは13日にも、CS進出が完全消滅する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年9月13日のニュース