イチロー 5試合ぶり先発で左前打!通算3000安打へあと3本

[ 2016年7月27日 10:55 ]

<マーリンズ・フィリーズ>8回の第4打席で左前打を放ったマーリンズのイチロー (AP)

ナ・リーグ マーリンズ5―0フィリーズ

(7月26日 マイアミ)
 マーリンズのイチロー外野手(42)は26日(日本時間27日)のフィリーズ戦に「1番・中堅」で先発出場し、8回の第4打席で左前打を放った。これでメジャー通算安打を2997本とし、殿堂入りの目安とされる3000安打まであと3本。

 イチローの先発出場は21日の同カード以来5試合ぶり。ここ出場4試合は代打で凡退に倒れていたが、フィリーズの2番手・ベイリーが投じた3球目のカーブを見事に捉え、ホームの大歓声を浴びた。直後には二塁へ今季9個目の盗塁を決めると、スタントンの適時打で貴重な追加点のホームを踏んだ。

 イチローはこの試合で5打数1安打。初回の第1打席は先発・アイクホフの初球の直球を捉えたが、右翼への大飛球。3回1死走者なしで迎えた第2打席はニゴロ、6回は先頭で二ゴロに倒れていた。8回に再び回ってきた打席では左邪飛。

 試合は5―0でマーリンズが勝利し、連敗は2でストップ。4番・スタントンが2安打2打点と活躍を見せ、投げては先発・コーラーが6回3安打無失点の好投で8勝目を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月27日のニュース