DeNA、43日ぶり勝率5割復帰!筒香、先制のホームイン&29号弾

[ 2016年7月27日 20:52 ]

<中・D>8回表2死、筒香は右越えにソロ本塁打を放つ

セ・リーグ DeNA2―0中日

(7月27日 ナゴヤD)
 DeNAが主砲・筒香の活躍で中日に2―0で勝ち、6月14日以来43日ぶりに勝率5割へ復帰した。

 DeNAは2回、先頭の筒香が右前打で出塁し、ロペスの三塁ゴロで二塁に進み、倉本の二塁ゴロで三塁へ進塁。この2死三塁のチャンスで白崎が放った三塁ゴロを中日の三塁手・福田がトンネルする間に筒香が本塁へ生還し、先制に成功した。

 その後は中日・大野、DeNA・ペトリックと両先発投手の好投で互いにゼロ行進が続いたが、DeNAは8回、2死走者なしから筒香が右翼スタンド最前列に飛び込む29号ソロ本塁打を放ち、貴重な追加点を挙げるとそのまま逃げ切った。

 筒香は本塁打部門でトップを走るヤクルト・山田にあと1本と迫る今季29号を含め4打数3安打1打点の猛打賞で、チームの全2得点をマーク。7月は13本目の本塁打で、2013年4月にブランコがつくった球団記録14本にもあと1本と迫った。

 先発投手のペトリックは5回2/3で86球を投げ、3安打無失点で前回の中日戦で来日初勝利を挙げて以来となる2勝目をマークした。

 ▼DeNA・筒香(8回、29号ソロ)うまく押し込むことができた。ぺトリックもそうですが、投手陣が頑張っていたので追加点になってよかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月27日のニュース