イチ代打も…4戦連続無安打 カウントダウン進まず“小休止”

[ 2016年7月27日 05:30 ]

<マーリンズ・フィリーズ>8回、代打のイチローにスタンドから声援を送る「イチメーター」制作者のエイミー・フランツさん(中央)らイチローファン

ナ・リーグ マーリンズ0―4フィリーズ

(7月26日 マイアミ)
 マーリンズのイチローは、いずれも代打として4試合連続の無安打に終わった。フィリーズ戦で1点を追う8回2死走者なしの場面で出場。救援右腕ネリスの96マイル(約154キロ)の外角シンカーに当てるだけの投ゴロに倒れた。

 メジャー通算3000安打まで残り4本のまま足踏み。出場4試合連続での凡退は今季最長と「小休止」した。打線もわずか2安打と沈黙し、今季初の2戦連続零敗。前回対戦と同様、相手先発ヘリクソンを打ちあぐみ、地区3位に後退した。ドン・マッティングリー監督は「同じ相手に全く対応できていない。少しがっかりしている。明日は切り替えて戦いたい」と語気を強めた。

 イチローは26日(日本時間27日)か27日(同28日)のフ軍戦での先発出場が濃厚。(笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月27日のニュース