今度は雄平…左脇腹痛め抹消へ 故障者続出のヤクルトまた離脱者

[ 2016年7月27日 06:30 ]

<神・ヤ>4回2死三塁、雄平(右)は負傷交代する

セ・リーグ ヤクルト3―5阪神

(7月26日 甲子園)
 ヤクルト・雄平外野手(32)が26日の阪神戦(甲子園)で左脇腹を痛めて途中交代。27日に出場選手登録を外れる。4回の打席で三ゴロを打った際に痛めたもの。直後の守備で大和の犠飛の際、本塁への送球後に症状が強まり、飯原と交代した。

 坂口智隆外野手(32)も右肘の状態が万全でないため、先発から外れた。左手首痛の畠山、右足舟状骨骨折の川端と主軸が戦線離脱している中、さらに故障者続出の事態。真中監督は「(雄平は)おそらく抹消。無理なんじゃないか」と渋い表情だった。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年7月27日のニュース