ハム 中田&岡弾で逆転勝ち 首位ソフトBを猛追3.5差

[ 2016年7月27日 21:48 ]

<西・日>4回2死、岡(右)は左越えソロを放ち栗山監督に迎えられる

パ・リーグ 日本ハム8―4西武

(7月27日 西武プリンス)
 日本ハムは1点を追う4回にソロ本塁打2本で逆転勝ち。貯金を今季最多となる23とした。首位ソフトバンクが敗れたため、ゲーム差は3.5に縮まった。

 この回先頭の4番・中田の左中間への15号ソロで同点に追いつくと、2死から岡の左翼席上段への特大ソロで勝ち越し。9回には西川、中田、大谷、レアードの4適時打で5点をダメ押しした。

 投げては吉川が6回を2失点で7勝目(5敗)。チームは今季最多の貯金23とし、首位・ソフトバンクを猛追している。

 ▼日本ハム・中田(4回、左中間へ同点ソロ)打ったのはスライダーじゃないかな。感触はよくも悪くもないね。でも、点を取られたあとにすぐに返せたから、よかったね。

 ▼西武・炭谷(2回2死一、三塁で左前への適時打)打ったのは真っすぐ。すぐに同点に追いつくことができてよかった。

 ▼西武・渡辺直(3回2死満塁で右前に適時打)打ったのは真っすぐ。つないでくれたので(走者を)かえせてよかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月27日のニュース