ヤンキース チャプマン放出 カブス若手4人とトレード成立

[ 2016年7月27日 05:30 ]

トレードが成立したアロルディス・チャプマン投手 (AP)

 ヤンキースは25日(日本時間26日)、メジャー最速105マイル(約169キロ)左腕のアロルディス・チャプマン投手(28)を放出するトレードをカブスと成立させた。

 昨季まで在籍したアダム・ウォーレン投手(28)、有望株のグレイバー・トーレス内野手(19)ら4選手を獲得する。チャプマンは抑えとして今季20セーブを挙げていたが、オフにはFAとなる。来季以降も見据え「正しい決断だったと思う。加わる4人に期待している」とブライアン・キャッシュマンGM。重ねて今季のポストシーズン進出を目指す姿勢も強調した。この日のアストロズ戦はミラーが抑えを務めてセーブを挙げ、1点差逃げ切り勝ち。貯金を今季初の3とした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月27日のニュース