【千葉】市船橋 捕手・高田、同点適時打放つも…リードで後悔

[ 2016年7月27日 05:30 ]

第98回全国高校野球選手権千葉大会決勝 市船橋2―3木更津総合

(7月21日 QVCマリン)
 市船橋は、一時同点とするも勝ち越せず、岩崎(現ソフトバンク)らを擁した07年以来の甲子園出場は果たせなかった。

 2点を追う6回、捕手の高田が追い込まれながら中前へ同点適時打。「気持ちで振るしかないと思った」。しかし、リード面では悔いが残った。9回、先制打を許していた大沢に内角直球を打たれ決勝打を許し「外を要求したが、甘く入ってしまった。詰まって、(野手の)間に落とされてしまった」と唇をかんだ。その裏には一打同点となるまで早川を攻め立てたが、あと一歩及ばず。

 桜内剛監督は「早川君はやっぱり良い投手。投球術や変化球を巧みに使い分けていて一枚も二枚も上だった」と相手エースを称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月27日のニュース