西武 炭谷が負傷退場、ワンバウンド投球受け右手第一指打撲の診断

[ 2016年7月27日 21:33 ]

パ・リーグ 西武―日本ハム

(7月27日 西武プリンス)
 西武の炭谷銀仁朗捕手(29)が、27日の日本ハム戦(西武プリンス)の守備中に負傷し、途中交代した。6回に先発・ポーリーノの投じた外角低めのカーブがワンバウンドし、炭谷の右手親指付け根付近を直撃。そのままベンチに退き、埼玉県所沢市内の病院で検査を受け、右手第一指打撲と診断された。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年7月27日のニュース