【埼玉】花咲徳栄、左腕・高橋昂4安打完封!37回無失点で3季連続甲子園へ

[ 2016年7月27日 14:16 ]

第98回全国高校野球選手権埼玉大会決勝 花咲徳栄6―0聖望学園

(7月27日 県営大宮)
 第98回全国高校野球選手権大会(8月7日から15日間、甲子園)の埼玉大会決勝が27日に行われ、花咲徳栄が聖望学園を6―0で下し、2年連続4度目となる甲子園出場を決めた。

 花咲徳栄は初回に2死二塁から4番・西川が右越え2ランを放って先制。3回には2死二、三塁から楠本の適時打で加点すると、4回は遊ゴロ失策の間に1点を追加して、リードを4点に広げた。8回に野本が、9回に西川がそれぞれ右前適時打を放ち、反撃を狙う聖望学園を突き放した。

 準決勝までの5試合で計28回無失点、48奪三振のエース左腕・高橋昴は、この日も淡々とアウトを積み重ね、4安打完封と完璧な投球でチームを3季連続の聖地へと導いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月27日のニュース