田沢 タイガース打線を1回無失点 チームは先発投手の誤算で2連敗

[ 2016年7月27日 12:30 ]

<レッドソックス・タイガーズ>8回から登板したレッドソックスの田沢 (AP)

ア・リーグ レッドソックス8―9タイガース

(7月26日 ボストン)
 レッドソックスの田沢純一投手(30)は26日(日本時間27日)のタイガース戦にリリーフ登板し、1回無安打1四球という内容で相手打線に得点を許さなかった。

 田沢は8―9とチームがビハインドの8回、4番手の投手として今季38試合目のマウンドへ。2死からマルティネスに四球を与えたが、続くカステラノスを右飛に打ち取り、13球で見事に役目を果たした。

 試合は得点このまま動かず、レッドソックスが敗れて2連敗。打線はオルティスの25号3ランなどで8得点を挙げたが、先発したナッグルボーラーのライトが誤算。序盤からタイガース打線につかまり、4回2/3を投げて9安打8失点と目を覆いたくなる内容だった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月27日のニュース