【大阪】大体大浪商 ドラフト候補の西田粘投実らず、相手に脱帽

[ 2016年7月27日 19:47 ]

<履正社・大体大浪商>履正社に敗れ、泣き崩れる大体大浪商・西田

第98回全国高校野球選手権大阪大会5回戦 大体大浪商0―2履正社

(7月27日 舞洲)
 今秋ドラフト候補の147キロ右腕、大体大浪商・西田が履正社・寺島との投げ合いに敗れた。

 2回に先制を許すと、5回はスクイズで2点目を失った。直球の最速は144キロを計測して8回を6安打2失点。踏ん張ったが、味方打線は3安打に抑えられて零敗を喫した。同じくドラフト候補の寺島に対して、西田は3回の第1打席で見逃し三振に倒れた。「直球は速いし、甘い球がない。すごいなと思いました。寺島君は打球も速かったです」と脱帽した。

 住吉ボーイズ時代にも、箕面ボーイズだった寺島と対戦。今春の大阪府大会準々決勝でも対戦したが、いずれも勝利は遠かった。プロ志望届を提出する方向の右腕は「寺島君に追いつきたい。上のレベルで対戦する時は勝てるような投手になりたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月27日のニュース