【埼玉】聖望学園決勝へ 4番・大野“ミート”力で逆転2ラン

[ 2016年7月27日 05:30 ]

第98回全国高校野球選手権埼玉大会準決勝 聖望学園6―5大宮東

(7月21日 大宮公園)
 聖望学園の4番・大野が「ミート」力を発揮し、大宮東を接戦の末に下した。守備の乱れで1点先制された直後の初回の攻撃。内角の直球を捉える逆転2ランで、嫌な空気を振り払った。4回にはバスター打法に切り替えて、中前に2点打。2安打4打点の大活躍だった。

 1メートル75、85キロの堂々たる体つき。実家が精肉店を営んでおり「ミート」で高校入学時の体重72キロから増量した。決勝へ向け「間違いなく相手は格上。挑戦者として立ち向かう」と力強く話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2016年7月27日のニュース