会議後即指名あいさつ 金本新監督初仕事は「95点」

[ 2015年10月22日 22:25 ]

1位指名の高山(左)と2位指名の坂本と肩を組む金本監督(中央)

プロ野球ドラフト会議 

 阪神の金本新監督が大きな初仕事を果たした。抽選で高山との交渉権を獲得し「外したら何を言われるか分からないので、自分が引いて当てることができて良かった」と胸をなで下ろした。

 会議後には、すぐさま明大野球部の合宿所へ指名あいさつに向かった。1位の高山、2位の坂本と対面し「若さを前面に出して、生きのいいのが来たと思わせるような動きをしてほしい」とエールを送った。

 選手時代には経験のないような一日に「すごく緊張した。くじを引くときは、選手の人生も左右するんだと、変な責任感を感じた」と息をついた。それでも「95点ぐらい」と満足げに大仕事を振り返った。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月22日のニュース