何度も朝帰り…素行不良評判だった笠原 松本竜は「断れないタイプ」

[ 2015年10月22日 07:15 ]

巨人の笠原

 日本野球機構(NPB)の調査委員会の中間報告で、野球賭博を行っていたことが判明した巨人の笠原将生投手(24)。素行不良は球団内でも評判だった。遠征先の宿舎ホテルなどへの朝帰りは何度も目撃され、先輩にも注意を受けていた。

 その笠原と最も仲が良かったのが福田聡志投手(32)だ。川崎市のジャイアンツ球場での練習から帰る際には一緒のことが多く、笠原が福田の車を運転し、福田がその助手席に乗って帰ることもあった。

 松本竜也投手(22)は時に目上の人に対して軽口を叩いたり、パンチパーマをかけるなどして周囲の目を引くこともあったが、会食の際にきっちり食事を取り分けるなど実は礼儀正しく、気弱な性格と言われる。「先輩に頼まれると断れないタイプ」と指摘する関係者もいる。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年10月22日のニュース