富士大・多和田 西武1位に歓喜「ストレートを見てもらいたい」

[ 2015年10月22日 17:55 ]

西武から1位指名を受けた富士大・多和田真三郎

プロ野球ドラフト会議

 西武が前日の公表通り、富士大・多和田をドラフト1位指名した。

 同大学でテレビ中継を見守った右腕は名前が呼ばれた瞬間は表情を変えなかったが、会見では満面の笑みを浮かべ「指名してもらえて嬉しいです。1位指名してもらったので、ライオンズに行って力になれるように頑張りたい。ストレートが武器なので、ストレートを見てもらいたい」と喜んだ。

 多和田は最速152キロを誇る本格派右腕。低い重心から全身をバネのように躍動させるフォームで、奪三振が多いのが特徴だ。北東北リーグでは通算32勝を挙げて、5度のMVPに輝いた。テレビカメラ8台、報道陣約50人が集まる注目度の高さを見せた。

 5月に右肩違和感を訴えてから登板はないが「日に日に良くなっているので、そこは問題ないと思います」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月22日のニュース