PR:

オリックス 1位指名は当日決定 即戦力野手→投手に変更か?

編成会議を終えたオリックス・瀬戸山球団本部長

 オリックスは21日、都内でドラフト会議を開き、1位指名については当日まで凍結する方針を明かした。これまでに瀬戸山隆三球団本部長は「即戦力野手」として青山学院大の吉田正尚外野手(22)を指名する方針を明かしていたが、この日は「最終決定は明日になった。現場の意向もあるし、最後は会社として決めなければいけない」と説明した。

 現場を預かる福良新監督からは即戦力投手の要望が出た。「フロントの考えもあるし。言われるような得点力が低いというのも分かる」と理解しながらも、「そういう(投手)話も出た」と投手指名の要望を出したことを明かした。そのためこの日は、他の1位候補として大商大・岡田、仙台大・熊原らを挙げて、再度VTRチェックして検討した。

 “公表”までしてから指名をひっくり返すのは異例だが、それだけ補強ポイントが存在するというオリックスの弱みでもある。同本部長は「投手も欲しい。クリーンアップも欲しいね」と苦笑いするしかなかった。また全体では9~10人の指名を見越しており、育成選手も数人の獲得を目指す。

[ 2015年10月22日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月15日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム