藤浪 右肩炎症で侍ジャパン辞退 代役にライアン

[ 2015年10月22日 12:18 ]

キャッチボールをする藤浪

 阪神の藤浪晋太郎投手(21)が右肩炎症のため、11月の国際大会「プレミア12」の代表を辞退し、ヤクルトの小川泰弘投手(25)が代表入りすることがわかった。侍ジャパンオフィシャルサイトで22日に発表された。

 藤浪は今季28試合に登板し14勝7敗、防御率2・40。21日は兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で始まった阪神の秋季練習に参加していた。小川は27試合に登板し11勝8敗、防御率3・11。侍ジャパンではヤクルトと同じ背番号「29」を背負う。

 侍ジャパンは11月5日、6日にプエルトリコとの強化試合に臨み、「プレミア12」は8日に開幕する。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2015年10月22日のニュース