ロイヤルズ PS史上最多14点!2年連続のWシリーズに王手

[ 2015年10月22日 05:30 ]

ブルージェイズに快勝に喜ぶロイヤルズのムスタカスとホスマー(カナディアンプレス提供=AP)

ア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦 ロイヤルズ14―2ブルージェイズ

(10月20日 トロント)
 ロイヤルズがポストシーズン球団史上最多の14得点を挙げる猛攻で、2年連続ワールドシリーズ進出に王手をかけた。

 ゾブリストの2ランなどでア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ史上初となる初回4得点を記録すると、7回以降にも計9得点して突き放した。前日に8―11で打ち負けて今シリーズ初黒星を喫したが、先発ローテーションの谷間で先発した右腕ヤングを強力援護した打線にネド・ヨースト監督は「攻撃は本当にいい」と目を細めた。リーグ連覇まであと1勝としたが、ゾブリストは「それは考えないようにする。目の前の1勝をつかむだけ」と気を引き締めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2015年10月22日のニュース