金本氏「勝ちながら再建が理想」19日、阪神監督就任会見

[ 2015年10月18日 18:46 ]

阪神の監督就任要請を受諾した金本氏

 プロ野球阪神は18日、新監督に決まった球団OBの金本知憲氏(47)が19日に大阪市内で就任の記者会見をすると発表した。同氏は18日、神戸市内で「再建しながら勝つのは難しいと思うが、やるからには勝ちながら再建するのが理想。勝つことを最優先する中で、改革をしていけたら一番いいと思う」と語った。

 22日にはドラフト会議が控え、その後は秋季キャンプが行われる。指導陣の刷新を図る球団は既に1軍コーチ6人と来季契約を結ばないと発表しており、新体制の陣容固めが本格化する。

 阪神は球団創設80年の今季、3位に終わった。終盤に失速して優勝争いから脱落し、9月30日に和田豊監督の退任を発表。10月1日に金本氏へ就任要請を行った後も2度の直接交渉を続け、17日に南信男球団社長に受諾の連絡が入った。

 金本氏は2003年に広島からフリーエージェントで阪神に移籍し、03年と05年のリーグ制覇に大きく貢献した。12年限りで引退後は指導者の経験はないが、現役時代と同様のリーダーシップで熱血指導が期待される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース