ヤク杉浦「飛ばした」 CS初登板で初勝利、5回2失点

[ 2015年10月18日 05:30 ]

<ヤ・巨>5回2失点と好投した杉浦

セ・リーグCSファイナルS第4戦 ヤクルト3-2巨人

(10月17日 神宮)
 2年目右腕のヤクルト・杉浦がCS初登板初勝利でチームを日本シリーズに導いた。

 5回6安打2失点の粘投で「後ろの投手を信じて飛ばした。ピンチが来ても最少失点で粘ることができた」。今季は開幕ローテーション入りも右肩や右肘の違和感で長期離脱。わずか1勝に終わっただけに日本シリーズに向けては「やることは同じ。ピンチを迎えても粘って役割を果たしたい」と更なる活躍を誓っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース