かつての監督とベンチコーチが激突「それは関係ない」

[ 2015年10月18日 05:30 ]

会見に臨む元オリックス監督のコリンズ監督(AP)

 ナ・リーグ優勝決定シリーズは17日(日本時間18日)から、メッツが本拠地にカブスを迎えて行われる。

 元オリックス監督のメ軍テリー・コリンズ監督と、カ軍のジョー・マドン監督はエンゼルス時代の97~99年に監督とベンチコーチの間柄。コリンズ監督は自ら指名したかつての腹心について「当時は球界でもPCが使われ始めたころで、ジョーは詳しかった。常にアイデアや独自の考えを持っていた」と振り返った。今季7勝0敗と直接対決で圧倒したマドン監督は「それは関係ない。彼らも我々も、全く違うチームになっている」と表情は緩めなかった。 (ニューヨーク・奥田秀樹通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース