寒さ忘れ美酒!“ヤクルトスタイル”グラウンドで祝勝会

[ 2015年10月18日 05:30 ]

<ヤ・巨>オンドルセク(左)とビールの掛け合いをする真中監督
Photo By スポニチ

セ・リーグCSファイナルS第4戦 ヤクルト3-2巨人

(10月17日 神宮)
 試合後のヤクルト祝勝会は、リーグ制覇時と同じくグラウンド上で行われた。

 神宮球場の中堅付近にブルーシートで特設会場を設置。選手会長・森岡の「ヤクルトスタイル!ヤクルトスマイル!エイエイオー」の掛け声でスタートすると、ビール1000本はあっという間に空になった。上田は、週刊誌に山田と一緒に写真が掲載された際、顔に修整が加えられ「知人男性」と紹介されていたことから、表に「知人男性」裏に「上田です」と書いたたすきを掛けて大はしゃぎ。気温約16度の中、ナインは寒さを忘れて美酒に酔いしれた。

 ▼ヤクルト・石山(リーグ優勝時は登板前日で遠征先の広島に先入りし、一人だけ優勝に立ち会うことができず)ビール掛けもできて、胴上げもしてもらって“ヤクルト愛”というか、いいチームだと実感した。日本シリーズでは自分が登板してもう一回、気持ち良いビールを浴びたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース