奥尻クラブ16点大勝!初出場で初戦突破、投げては完封リレー

[ 2015年10月18日 05:30 ]

スポニチ主催高松宮賜杯第59回全日本軟式野球大会2部第1日 奥尻クラブ(北海道南)16―0萬洋クラブ(大分)

(10月17日 香川県営野球場など)
 6会場で1回戦16試合を行った。全国大会初出場の奥尻クラブ(北海道南)は萬洋クラブ(大分)に16―0で7回コールド勝ち。D・メジャー(広島)は地元・香川の坂出市役所に逆転勝ちし2回戦に進出した。18日は香川県営野球場など4会場で2回戦、準々決勝を行う。

 奥尻クラブ(北海道南)が完勝で全国初勝利を挙げた。初回、4安打に5盗塁を絡めて4点を先行すると、その後も3番小山内の2ランなどで着実に追加点を奪い16得点。投げては佐々木勇、藤谷の継投で完封勝ちを収めた。小柳透監督は「選手がのびのびと戦ってくれた。先のことは考えず目の前の試合を頑張りたい」と次戦に向けて気持ちを切り替えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース