ヤク山田 CS4戦目で初打点「ラッキーとしか言いようがない」

[ 2015年10月18日 05:30 ]

<ヤ・巨>ビールかけではしゃぐ山田

セ・リーグCSファイナルS第4戦 ヤクルト3-2巨人

(10月17日 神宮)
 ヤクルト・山田が初回無死一、三塁から先制打を放った。

 直球の球威に押され、一塁後方への力ない飛球となったが、飛んだコースが良く、二塁手・井端のグラブをはじいて先制打となった。今CS4戦目での初打点に「ラッキーとしか言いようがない」と苦笑いだった。初戦こそ4打数無安打に終わったが、第2戦から3戦連続安打と貢献。「特別な感覚もなくできた」と語り、日本シリーズに向けては「勝つだけです」と表情を引き締めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース