仙台大・熊原 4年で球速10キロ増152キロ 創意工夫の右腕

[ 2015年10月18日 12:00 ]

大学で成長を見せたドラフト1位候補の仙台大・熊原

22日ドラフトこの男に注目 仙台大・熊原健人投手

(10月18日)
 22日に都内で行われるプロ野球のドラフト会議に向けて「10・22運命の日を待つ」と題し、注目の5選手を紹介する。第1回は最速152キロを誇るドラフト1位候補、仙台大・熊原健人投手(21)。

 高校時代に142キロだった球速は、大学4年間で10キロも速くなった。最速152キロ右腕・熊原は4日後に迫ったドラフトについて「自分が何か考えても(結果が)変わるわけではない。気にしていない」と平常心で指名を待っている。

 高校では柴田2年春の宮城県大会4強が最高成績。3年夏は3回戦で敗れ、甲子園出場はならなかった。地元の仙台大では創意工夫を重ね、順調に成長した。2年時には「足をスムーズに上げるために」左足を大きく引くセットポジションの形に変更。4年春には「腰をうまく回すために」プレートを踏む位置を三塁側から一塁側に変えた。内外角に投げ分ける直球を軸に、フォーク、チェンジアップなど縦変化を操り、仙台六大学リーグで9完封を成し遂げるなど通算13勝をマーク。ドラフト1位候補に名前が挙がるまでになった。

 ラストシーズン開幕前に背中を痛めて出遅れたが、終盤に復帰。優勝が懸かった今月10日の東北福祉大戦では8回5安打3失点。同点の8回に今年初の本塁打を許して1点差で敗れたが、視察した巨人・山下哲治スカウト部長は「指に掛かったときの真っすぐは大学生ではトップクラス」とあらためて1位候補に挙げた。外れ1位候補としている楽天・星野仙一球団副会長も「馬力があるし、なんぼ投げても壊れなさそう」と評価した。

 大学3年時にはU―21日本代表入りを果たした。今年6月の全日本大学野球選手権では初戦敗退も13奪三振をマークし、強烈なインパクトを残した。4年間で投球術を身に付けた152キロ右腕。ドラフトでは最上位で名前を呼ばれることを心待ちにしている。 (川島 毅洋)

 ◆熊原 健人(くまばら・けんと)1993年(平5)10月19日、宮城県生まれの21歳。小6から桜ドラゴンズで野球を始め、柴田では甲子園出場はなし。仙台大では2年春にリーグ戦デビュー。ベストナイン2度受賞。3年時には侍ジャパンのメンバー入りしU―21ワールドカップに出場。1メートル78、85キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース