早大・茂木 2安打3打点「体は4年間で一番いい状態」

[ 2015年10月18日 05:30 ]

<法大・早大>6回2死満塁、左翼線2点二塁打を放ち二塁ベース上で早大・茂木(右)は笑顔

東京六大学野球第6週第1日 早大8―6法大

(10月17日 神宮)
 今秋ドラフト上位候補の早大・茂木が2安打3打点を挙げた。

 3回1死一、二塁から中前適時打を放つと、6回には左翼線2点二塁打。ともに初球を仕留め「チャンスで打ててホッとした。自分のスイングをしようと思った」と胸を張った。2季連続優勝に向け「体は4年間で一番いい状態。自分がやれることをやって結果が出ればいい」と意気込みを口にした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2015年10月18日のニュース